経理の正社員求人・派遣求人をお探しの方に、おすすめ転職サイト・派遣会社や転職ノウハウなどの転職お役立ち情報をご紹介します!

未経験から経理事務に転職

未経験 経理事務求人へ応募する際の志望動機

志望動機はしっかりと作り上げたい重要な項目

未経験から経理事務を目指して求人へ応募をする際、最も時間がかかり迷うのが「志望動機」ではないでしょうか。

書類選考する担当者も「どうしてうちの会社に応募してきたのだろう?」と注目する場所ですし、面接官も詳しく質問してくる項目です。そのためしっかりと時間をかけて作り上げたい部分となります。

志望動機を書く際には、

  • なぜ、御社に志望したのか
  • なぜ、経理なのか
  • どんな仕事をして会社に貢献したいか

ストーリーとして書くと良いでしょう。

経理事務 志望動機の例、サンプル

経理事務への志望動機
飲食店の店長として仕事をしてきましたが、日々数字を扱っているうちに経理に強い興味が湧いてきました。自分たちの営業活動の結果が見える経理は、かかる経費の部分もしっかりと考慮しなければ赤字となります。締めるだけでは無く、必要な時に使えるようにお金を残すこと。経理事務職としても企業の活動に貢献できるところが魅力に感じます。
異業種転職となりますから、簿記2級を勉強し、取得いたしました。私自身は○○業界の仕事に興味があり、その中で経理事務の求人を掲載している御社に興味を持ち、応募をさせて頂きました。面接の機会を与えて頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
ポイント
未経験からの転職ということになりますから、簿記の資格は取得しておきたいところです。勉強中と書くのもオススメです。何も書いていないよりは、書いていた方が好印象でしょう。

なぜ経理事務の仕事を志望したの?

未経験から経理事務の求人へ応募をすると言うことは、以前は違う職種のお仕事をされていたと思います。もしくは無職、フリーターなのかもしれません。

いずれにしても、今までとは違う仕事を志望するわけですから、「なぜ経理事務の仕事をしたいのか、なぜうちの会社なのか」と書く必要があります。

経理の求人、仕事への応募にも、本音と建て前があると思います。

「とにかく正社員として働きたいから!」
「家から近いから!」

といった事が本音の志望動機だとしても、応募の際にはそれらしく志望動機としてまとめる必要があります。応募先の企業ホームページがあれば隅々まで目を通して研究しましょう。

応募先の企業の規模にも注目してみてください。小規模な会社は、人数が少ないですから経理を担当するにしても、経理全般を担当し、さらに他の仕事も兼用することがほとんどです。規模が大きめであれば、経理部などがあり、経理の仕事といっても一部を担当する事が多いです。全体的に経験を積むことを希望するのであれば、ちょっと違うかもしれません。

経理の経験を積みたいのであれば、色々な仕事に挑戦する機会が多い小規模な会社が良いかもしれません。今後のキャリアなどを考えつつ、応募先も最初は選んでみてはいかがでしょうか。(不採用が続くと、とにかく応募先を探す事が優先されてくるでしょう)

志望動機例、サンプルの書き方をベースとして、自分のこれまでの経歴、職歴、これからの仕事にかける熱意を書くことになります。一番重要なポイントとしては、出来るだけ「使い回しているのでは?」と思われないように志望動機を書くと言うことです。志望動機というのは書くのに困る方も多く、どうしても結果として無難な文章に収まってしまう事も多いのですが、なぜ御社へ応募したのか、という一文があるだけも印象はかなり違ってきます。書くのは難しいかもしれませんが、ぜひ入れたい文章です。

ページトップへ