経理の正社員求人・派遣求人をお探しの方に、おすすめ転職サイト・派遣会社や転職ノウハウなどの転職お役立ち情報をご紹介します!

未経験から経理事務に転職

面接対策 よく聞かれる質問

面接でよくされる質問の例

経理事務の面接対策として、良く聞かれる質問を掲載しているページです。

やはり面接対策として有効なのは、質問内容を想定して、どのように答えるかを具体的にイメージすることですね。

イメージしていた質問なら、実際の面接でも余裕を持って回答できると思います。そして経理事務の面接では、聞かれる内容もある程度共通しているのです。たとえば・・・

  1. あなたの長所・短所を教えて下さい
  2. なぜ弊社を志望したのですか? 志望動機は何ですか?
  3. 弊社のことは知っていましたか?
  4. 弊社でどのような仕事をしたいですか?
  5. あなたを採用するメリットは何ですか?
  6. 前職ではどのような仕事を行っていましたか?
  7. 前職の退職理由は何ですか?
  8. 当社以外に履歴書は送っていますか?

などが挙げられますね。

よく聞かれる質問に対する答えは準備しておこう

もちろん会社によって質問内容は変化しますし、中には圧迫面接もあることでしょう。

私も以前、事務ワークの面接を受けたことがあるのですが、面接時に緊張して言葉が出なくなったことがあります。その時に採用担当者に鼻で笑われたことは、何年経ってもはっきり覚えていますね。

しかし今から振り返ると・・・準備が甘かったのかなと思っています。

面接時に何を聞かれるのか?
その質問に対してどう答えるのか?

その辺りを明確に決めていれば緊張しなかったかなと。

何事にも共通していますが、良い結果を出すには準備が必要なんですよね。経理事務の面接の準備としては、採用担当者の質問内容を考え、どのように回答するか決めるということです。

それでも予想通りに面接が進むことはありませんので、イレギュラーな質問に対しても柔軟に対処する必要がありますね。

イレギュラーな質問にはストレートに答える、予想済みの質問には練習通りの回答をする、この使い分けが大切かなと思います。

たとえ経理事務が未経験でも、今までの仕事内容・役割については聞かれるはずです。その際は素直に答えると良いですね。

無理に経理事務の仕事に結びつけるのではなく、前職で何を学んだのか、どのような事に壁を感じ、どのように克服したのか、その辺りをストレートに伝えると良いでしょう。

また、職業訓練を受けていたり、簿記資格を取得しているのなら、それも自己PRに繋がると思います。

面接はその場の空気によって展開が変わりますので、入念に準備した後は、自然体で面接に臨むと良いでしょう。

ページトップへ