経理の正社員求人・派遣求人をお探しの方に、おすすめ転職サイト・派遣会社や転職ノウハウなどの転職お役立ち情報をご紹介します!

経理事務 転職成功のポイント

転職で人気の経理事務、重要な志望動機

まずは経理の仕事について知っておく事が大切

転職の職種として経理事務は人気があります。

事務職というのは常に人気が高いのですが、経理事務は女性から人気の職業です。また、求人数も常に豊富にあることから興味を持っている人も少なくありません。

とはいっても、企業によって経理事務の仕事内容にも差異があります。企業規模、一般的な企業での経理と病院経理事務など。
応募する前にどのよう仕事があるのかを知っておくと、入社してから後悔せずに済みます。

経理事務の勉強をしてきた方であれば尚更かと思いますが、経験したい仕事があると思います。決算期に積みたかった経験が就職した会社では出来なかった・・・など後悔しないようにしたいですね。

経理事務の仕事は大きく分けると3つの分野があります。
出納、会計、その他になります。

出納業務とは企業が経営するために必要なお金の管理を行なう仕事です。小切手の管理や支払業務などや残高の管理を行ないます。
そして、会計業務の仕事は、自社の取引明細を記録するのが主な仕事です。
その他の業務として、税金の申告や経営状態の分析なども行っています。

経理に転職するために必要な知識・スキルとは

転職によって経理事務の職を得るために必要なスキルですが、少なくとも経理に関わる言葉の理解が必要です。
職場で交わされる専門用語が理解できなければ的確な仕事をすることはできません。そのためには、簿記の勉強をすることが必要です。

簿記の知識以外には税金に関する知識もあると有利です。特に企業に関係のある法人税や消費税に関する知識を習得しておくと転職に役立ちます。

もちろんそうした知識も重要ですが、面接にあたっては志望動機も重要となります。
採用側としては、長く熱心に働いてくれそうな人材の方が採用したいものです。特に未経験から経理事務として転職を目指す場合には、志望動機の作成には時間をしっかりととりたいところです。

知識や資格を習得して経理事務に転職するとメリットが色々とあります。
経理部門は会社の運営にはなくてはならない部門です。外部に委託すると費用が余分にかかることから、経営不振になったとしても最初に解雇の対象になる可能性は低いです。

高収入ではなくても比較的安定していますし、長期勤務をしている人が多い職種のひとつです。

ページトップへ